塾講師としての心構え


何の仕事をするにしても言えることですが、塾講師として就職する際にも、それなりの気構えを持つことが大事です。 「塾講師は常に五者であれ」という名言は、この先、塾講師の仕事に取り組もうとしている方に憶えておいて頂きたいものと言えます。 学者・役者・易者・芸者・医者が、この名言の中にある五者になります。 その内、塾講師に求められる学者としての能力は、自分自身も学び続けることと言えます。 言うまでもなく、担当科目の指導を行なうに足るだけの学力は、塾講師にとって必要不可欠ですが、さらに深い知識・教養がなければ、他人に教えて理解を得ることはできません。


次に、授業の内容が濃くても、生徒の興味・関心の度合いが低ければ、指導効果も低いものとなってしまいます。 塾講師には、優れた役者のように、生徒を自分の世界に引き込む能力が求められます。 また、勉強や受験の成果を高めるためには、生徒が自分自身を信じられるかが重要な意味合いを持ちます。 塾講師には、易者のような立場で、生徒の背中を押し、前向きな姿勢を持たせてあげる能力が問われます。


そして、授業の内容を面白くして、生徒に勉強の魅力や楽しさを伝えることも、塾講師の大切な役割と言えます。 このサイトでは、塾講師として仕事に取り組む上で、知っておきたい名言をご紹介します。 皆さんの中で、塾講師としての座右の銘をお探しの方には、是非チェックして、実生活の中で役立ててみることをおすすめします。